2016
02.05

02/04のツイートまとめ

Katsumata_Nori

医師が治療法を説明し、治療は患者に決めさせる。患者の自己決定権が最も大切。これがインフォームド・コンセントと思っていませんか?このインフォームド・コンセントでよいのでしょうか?
02-04 09:25

Aという治療とBという治療があります。それぞれの治療内容と効果、副作用はこれこれです。1週間後までにあなたが、決めてきてください。こんなインフォームド・コンセントでよいでしょうか?
02-04 09:27

医師はソムリエのようだと誰かが言っていましたが、プロなら、個人個人の患者さんの状況を考慮して、「これがいいんじゃないでしょうか?」と言ってよいのではないでしょうか。ワインをたくさんならべられて、「どれにする?」と言われても素人はわからないですよね。
02-04 09:29

自信がないから、患者まかせにしてしまうのでしょうか。それとも、責任逃れのために、「あなたが決めたことだから」と患者まかせにしてしまうのでしょうか。いずれにせよ、プロがすることとは思えないのです。
02-04 09:34

これは医師が主導権と持って決めることとも違います。患者さんの状況に合わせて一緒に考え、お互いに納得いく方向を探ると言ってよいと思います。これを、Shared decision makingに基づくインフォームド・コンセントと呼びます。
02-04 09:35

「AとBどちらにしますか?」長らくこれがインフォームド・コンセントと思い込んで、身にしみこんでいますからね。先日、米国の患者会の方とお話しましたら、米国でも「あり得ない」と言っていました。
02-04 09:37

「医師はソムリエ」というのは、九州大学の呼吸器内科教授の中西洋一先生言っていたのを思い出しました。今後使わせていただきます。
02-04 10:01

「AとBどっちにします?Cというのもありますよ。」とマクドナルド的インフォームド・コンセントはやめましょう。マックは何回でも試せるけど、医療は一回しか選択できません。やり直しはきかない。もうちょっと丁寧にやってほしい。
02-04 10:11

「色々な選択肢がありますが、あなたには、○○の治療が良いと思いますよ」と言いながら、実はこの選択が製薬企業と癒着した医局の方針であったとしたら怖いことですね。
02-04 15:59


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/965-0ccc5fa3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top