2015
08.01

07/31のツイートまとめ

Katsumata_Nori

世界で話題の免疫療法は免疫チェックポイント阻害剤というものであり、分子標的薬としての抗体薬です。日本で保険が効かない怪しい免疫療法は、リンパ球を使った免疫細胞療法というものであり、全く別物です。有効性のエビデンスは全くありません。このあたり、しっかりと区別する必要あり。
07-31 11:26

免疫チェックポイント阻害剤は免疫療法の一種ではありますが、日本で免疫療法というと、インチキな免疫細胞療法と混同されてしまう。新しい分子標的薬と言ったほうがよいと思う。
07-31 11:29

カルト医療、インチキな免疫療法などにしっかりとNOと言わないと、日本でまともな臨床試験や治験が推進するのはいつまでたっても難しいと思う。患者さんには、両者の区別がつきにくいのです。むしろ、カルト医療やインチキ免疫療法を受ける人のほうが多い現状。
07-31 12:33

免疫療法今昔物語 http://t.co/Kxy6Zdm2Lr
07-31 12:42

研究段階というのはよいけど、免疫細胞療法は、何千人もデータがある、と言っているのですが、何千人もやったのに、まともなデータがないので、承認されていない。治験でやるとせいぜい、数百人やれば、有効化どうかわかり、承認されるのです。
07-31 12:49

新規分子標的治療薬(新免疫療法)のニボルマブだって、たった418人のデータで承認されたのです。数千人やっても、きちんとしたデータなく承認されないという治療は止めるべき。 http://t.co/vp4YP3SUtG
07-31 12:53

真面目に臨床試験や治験をやっている組織などがもっとわかりやすく正しい情報を発信してほしい。数百人規模の臨床試験や治験をしっかりとやると、新規治療法の優劣がはっきりとわかります。まともな臨床試験が日本でちっとも進まないのは、インチキ治療などがはびこっているのも原因のひとつ。
07-31 13:07

アピタルに掲載していただきました。 http://t.co/Fs5b0unkSq
07-31 17:51


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/875-c19297fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top