2015
03.05

03/04のツイートまとめ

Katsumata_Nori

JCOG 0505の結果が、early publicationとなりました。再発・進行子宮頸がんに対して、パクリタキセル+カルボプラチンが、パクリタキセル+シスプラチンに非劣性を示した世界の標準治療を変える結果になったと思います。 http://t.co/zjto0zRPSC
03-04 07:47

臓器特異的腫瘍内科医は、臓器横断的、総合的に診られる腫瘍内科医のベースがなければならない。いきなり臓器特異的腫瘍内科医はありえない、という原則を忘れてはいけない。
03-04 19:19

消化器腫瘍内科医と言うのはよいと思うが、腫瘍内科医と言うなら、原発性腹膜がんと消化器がんの鑑別ができなくてはいけない。腹腔内原発胚細胞性腫瘍、後腹膜原発PNETの鑑別診断、治療はできますでしょうか?これらは、A-B群に属する腫瘍で抗がん剤で治癒が可能。見逃してはいけない。
03-04 19:22

先日も、腹膜原発PNETと診断しておきながら、「治癒不能で、AI療法を勧めます」と言った消化器腫瘍内科医がいました。これではPNETを治すことはできません。臓器特異的腫瘍内科医と言う前に、抗がん剤で治せるがんをしっかり治せる腫瘍内科医を育てることが大切。
03-04 19:26

臓器特異的腫瘍内科医の弊害。患者さんをきちんと診ることをなおざりにして、臨床研究・臨床試験に走ってしまう。もちろん臨床試験もよいのですが、きちんと臨床ができない者が臨床研究をすべきでないと思う。
03-04 19:27

腫瘍内科医、がん薬物療法専門医と言うなら、全てのがんを診るように努力してほしい。婦人科がん、乳がんの再発患者を紹介され、「専門でない」とお断りするがん薬物療法専門医がいます。
03-04 19:42


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/805-9fa525cb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top