2014
11.08

11/07のツイートまとめ

Katsumata_Nori

Ipilimumab+Sargramostim(GM-CSF) がメラノーマの生存期間を延長。ランダム化第二相試験の結果。GM-CSFはリンパ球の機能を活性化させる作用があります。今後大規模試験が期待されます。 http://t.co/4cAi2O62Og
11-07 10:15

この治療は、免疫療法と言ってよいのですが、日本でよくやられているような、きちんと臨床試験の治療成績も出ていないのに、高額な怪しいインチキ免疫療法とは全く違います。皆さん、騙されないようにしましょう。http://t.co/uleVSoJD0o
11-07 11:25

近藤先生の嘘。近藤先生が、上に凸の生存曲線はねつ造と言っている根拠の論文。ダナファーバーがん研究所の放射線治療医のハリス先生の論文。下に凸が絶対・上に凸になるとねつ造などとは、一言も書いていない。http://t.co/AqhNppLzcp
11-07 16:31

この論文では、死亡率が一定であると仮定すると、生存曲線の意味を解釈しやすいと言っているのにすぎない。医学論文を都合よく引用して、自説が正しいと見せかけているだけ。このような作業は彼の文学的著作に多く認められる。http://t.co/4TltvOor2P
11-07 16:33

近藤先生の嘘。NEJMのこの論文で、生存曲線が最後のところで急落している。たくさんの患者が命を落としたのではないか?と言っているが、最も長く生存した患者さん数名が死亡したことしか意味しない。結論ありきの冷静な科学的判断なしの文学的著作 http://t.co/7a5hg0CPIw
11-07 16:40

近藤先生の主張は、科学的にはおかしいところがたくさん。なまじ論文を引用していて、科学的に評論しているようなので、国民や専門外の医師まで騙されてしまいます。科学的に間違っているので、科学雑誌には載せてもらえません。科学雑誌に断られたので、文芸誌に投稿したのではないでしょうか?
11-07 16:45

ノバルティスのディオバン事件は、京都大学のYui先生が医学雑誌のLancetにレターしたことから暴露されるに至りました。近藤先生も本当にねつ造と言うなら医学雑誌に投稿すればよい。医学は医学の場で正々堂々と闘いましょう。http://t.co/E5jNEikmLQ
11-07 16:49

医学雑誌、科学雑誌に載せてもらえないからと言って、文芸誌に載せてもらって国民を欺くのはやめてほしい。本が売れるから、視聴率が取れるからといって、垂れ流しにするメディアは同罪、いやもっとひどい。患者さんの命などどうだってよいと思っているとしか思えない。
11-07 16:51

近藤先生の唯一の科学的業績。クレスチンのランセット論文への批判。これはすばらしかった。オンコロジスト志望者は一回は読んでおくべき。1994年、これが最後。これ以後、彼の中の時計が止まってしまった。医学はこの後、だいぶ進歩したのです。http://t.co/kB26ZY206o
11-07 16:56

このランセットへのレター論文は近藤先生もよほどうれしかったのか、必ず引用しています。これだから、日本の臨床試験は信用できない。医師は皆、私利私欲で臨床試験をやっていると言い続けています。1994年以降の臨床試験の規制制度がどう変わったなど、彼は知らないのです。知ろうともしていない
11-07 16:58


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/758-43c1a76e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top