2014
06.18

06/17のツイートまとめ

Katsumata_Nori

乳がんの術後化学療法でACやFECの後、ウィークリーパクリタキセルが多く使われるが、手を使うお仕事をされる方(ピアノ演奏や、料理家、鍼灸師など)の場合には、末梢神経障害が後遺症として残る可能性があるので、なるべく避けたい。その場合の選択肢として、ドセタキセルがあります。
06-17 09:47

乳がん術後補助療法で、ドセタキセル単独で使う場合には、100mg/m2が標準投与量です。日本人(の医師?)でもきちんと投与できたというエビデンスもあります。悲しいのは保険適応での投与量が75mg/m2であるということ。 http://t.co/WSRadDwNvm
06-17 15:30

ドセタキセルの悲劇は、日本で行なわれた第一相試験から始まった。この癌と化学療法21(!2):!997-2005,1994〕の論文をよくよく見てみてると、90mg/m2でもDLT(用量規定因子)に達していない。つまり、もっと用量を増やすことができたということである。
06-17 15:34

美容師さんも手をつかうお仕事ですので、ドセタキセルのほうがよいですよね。
06-17 15:36

ちなみにドセタキセルの副作用である爪の変化(Onycholysis)や手の湿疹は、Frozen glove (表面冷やさず中冷やすという特殊なグローブ)による手の冷却をドセタキセル投与中にすることにより、予防可能なのです。 http://t.co/DWtUSAWOI4
06-17 16:58

意外とこのFrozen glove (Elasto-GellⓇ) を使っている施設は少ないですね。この手技をしても保険点数にならないからだと思います。このグローブは左右1セットで3万円くらい。何回でも使えるのでそれほど高くないと思います。ただ患者さんのためになるので、当院では採用
06-17 17:00

あと、ドセタキセルの副作用のむくみは、ステロイドで予防できます。これも意外と知られていない。 デキセメタゾンだと、8mg 3日間処方でよいと思います(100mg/m2の時は、一日目に16mg)。このことは日本の添付文書には記載されてないhttp://t.co/L3teK6gsIZ
06-17 17:07

... http://t.co/wrvP2VrCOX
06-17 22:31


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/705-bac074c0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top