2014
04.26

04/25のツイートまとめ

Katsumata_Nori

がん診療Uptodate執筆者によるリレーエッセイ「がん診療UP TO DATEトッピクス」(第16回目)が 日経メディカルオンラインにて掲載されましたので、ご紹介いたします。「がんもどき難民」を増やさない!」http://t.co/D7JjCVCZGQ
04-25 11:03

カルボプラチン+ウィークリーパクリタキセル療法が、乳がんの術前化学療法に高い奏効率を示した結果が発表されました。元国立がんセンター中央病院安藤先生の医師主導治験のお仕事です。カルボプラチンが乳がんに承認となるきっかけとなった研究です。http://t.co/DAX58t64M7
04-25 11:49

カルボプラチン+ウィークリーパクリタキセル療法が、乳がんの術前化学療法に高い奏効率を示した結果が発表されました。元国立がんセンター中央病院安藤先生の医師主導治験のお仕事です。http://t.co/ohOQBgYxos
04-25 12:09

トリプルネガティブ乳がんに対するカルボプラチン。タキサンと併用することで、高い奏効率があることはわかったが、生存期間延長効果を示していないので、現段階では、まだ標準治療にはなり得ないと思います。
04-25 12:21

トリプルネガティブ乳がんに対して、PFSもしくは、OSをエンドポイントとしたカルボプラチンありなしのランダム化比較試験をやるというデザインはいかがでしょうか?
04-25 12:25

このJCOの論文は、HER2陽性乳がんに対するカルボプラチンの有用性を示した論文として有名なのですが、Phase IIII studyと言っておきながら、よくよく本文を読むと、プライマリーエンドポイントが奏効率となっており、かなり問題。http://t.co/YPyfB1lBT4
04-25 12:29

日本では、薬事法に基づく承認と、保険適応とする承認とが一緒になっています。これがドラッグラグの根本原因となっています。薬事承認というのは、手続きが大変であり、申請から承認まで数年以上かかりますので、最新のエビデンスについていけないのです。
04-25 12:53

薬事承認と保険承認が一緒になっているのは日本くらい。この結果、韓国や中国、台湾でも承認されている薬が日本で使えないというドラッグラグにつながりました。卵巣がんのトポテカンは15年、ドキシル10年、ゲムシタビン5年のドラッグラグとなり、患者さんが苦しめられました。
04-25 13:03

薬事承認と保険承認を切りはなすことの議論は、厚生労働省でも行われていると聞きますが、いっこうに実現していません。これをやらないと、適応外薬のドラッグラグは永遠に解決しません。
04-25 13:06

薬事承認は新薬承認の際に行い、保険承認は、ガイドラインに記載があるものにする、という取り決めにすれば解決するのですが、これがなかなかできないらしい。ガイドラインの質を上げる必要もあります。
04-25 13:07


薬事承認するためには、製薬企業が申請をしなければなりません。一回の申請に公知申請で約1000万円かかるそうです(通常の申請はもっと高い)。保険承認と切り離すと、この申請料がもらえなくなります。まさか、お金目当てで薬事承認を切り離したくないとは考えたくないです。
04-25 13:13

カルボプラチンは乳がんで薬事承認されたが、この承認に際して、申請費用が1000万円厚労省に支払われました。世界で乳がんに薬事承認しているのは、日本だけ。製薬企業が申請費用を払っているのですが、それにしても無駄遣い。その分、奨学寄附金じゃなくて、きちんとした薬剤開発に使ってほしい。
04-25 13:28

トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/683-c5d261e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top