2013
12.16

12/15のツイートまとめ

Katsumata_Nori

本日の朝日新聞朝刊にコメントさせていただきました。近藤先生は、ハーセプチンのデータを人為的操作があった、つまり、ねつ造があったと言っています。朝日新聞という全国紙でのこの発言はかなり問題があると思いますし、問題にしないといけないと思います。
12-15 12:22

ハーセプチンデータにねつ造があったという件に関しては、私は、「承認に関わる臨床試験(治験)のデータによるものですので、国による立ち入り調査(すなわち監査・査察)が行われているため、人為的操作が行える隙がありません」とコメントしました。
12-15 12:24

近藤先生のこのハーセプチンねつ造に対しては、国や、承認申請をした企業、各学会もきちんと反論、声明をすべきと思います。反論しないなら、国民は、「近藤先生が正しかったので、反論しないのではないか?と思ってしまいます。」
12-15 12:26

ハーセプチンを承認申請した中外製薬もきちんと反論、声明、もしくは訴訟にすべきことと思います。きちんとした対応をしないと、国民からは、「やはり、近藤先生が正しくて、製薬会社は、医師とつるんでねつ造をした」と思われてしまいます。
12-15 12:30

近頃、ディオバン事件やグラクソの論文不正事件 http://t.co/bbfJwtQrWU など、製薬会社の不正行為が後を絶ちません。これらの明らかな不正・ねつ造と、ハーセプチン治験データと同じレベルにされてしまっていいのでしょうか?国民は誤解してしまいますよ。
12-15 12:37

近藤先生がねつ造と言ったハーセプチンデータは、元は米国のデータです。そのデータを査察した米国政府に問題があると言っているわけで、国際問題に問題になりかねないと思います。
12-15 13:59

近藤先生が、今回朝日新聞でねつ造と言った論文はこちらです。http://t.co/8zTm0O8KIE  これはハーセプチンを開発したDr.Slamonの偉業のデータです。このデータをねつ造と言っているのですから、よほどの証拠がおありなのでしょう。
12-15 14:44

不思議なのは、近藤先生は、文芸誌や、新聞、雑誌などには堂々とご自分の説を述べるのですが、医学学術雑誌(もちろん英文が基本)、学会(海外を含む)などでは、ほとんど発言をしていません。投稿しているのかもしれませんが、採用されていないのかと思われます。
12-15 14:47

海外のPeer Review Journalと呼ばれる一流英文医学雑誌は、厳しいレビュー制度がありますので、科学的根拠が乏しいデータ、仮説などはほとんど採用されません。New England Journal of MedicineやLancetに掲載されるのはとても困難なのです
12-15 14:49

英文医学誌でもピンからキリまであります。レベルの低い英文医学誌にでも自論を展開すれば、少しでも世界に認知されると思いますが、それすらしていません。日本語の医学誌はどうかというと、基本的には、学術論文とは認識はされませんが、和文医学誌にも近藤説は掲載がありません(私の知る限り)。
12-15 14:52


近藤先生の仮説?を掲載しているのは、日本の文芸誌のみなのです。文学としては面白いということなのでしょうか。でも、国民は、やはり偉い慶応大学のお医者さんが発言をしているので、と信じられてしまいます。国民は、ウソを見抜く手段を知りません。メディアの責任というのは大きいと思います。
12-15 14:56

ハーセプチンのニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンのデータがねつ造だっとすると、これは国際的大問題、スキャンダルになります。
12-15 14:59

ハーセプチンは、その後は術後補助療法にも応用され、 乳がんの標準治療になりました。メタアナリシス(8つのRCT、11,991 名の患者さんのデータ)でも全生存期間の改善を認めています。このデータもねつ造と言うのでしょうか?http://t.co/UWqV6MuVof
12-15 15:04

本日の朝日新聞に近藤先生は、「ハーセプチンも生存期間は延びません」と堂々と書いているので、ハーセプチンの全データを否定しているのでしょう。ハーセプチンの全データとなりますと、米国だけでなく、欧州、アジア諸国から出されたすべてのデータということになりますので、国際的大問題です。
12-15 15:09

日本のメディアは、科学的にどうか?患者さんにどう影響するのか?などということはどうでもよく、面白い記事で売れればよいとしか考えていないのではないかと思います。大手メディアでもこの傾向があります。医療情報は、患者さんの命をも左右するのです。責任を感じてほしいと思います。
12-15 15:24

トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/637-c9e7c7b2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top