2013
12.05

12/04のツイートまとめ

Katsumata_Nori

エビデンスの解釈で変な話。有効とするエビデンスがないけど、明らかに否定するエビデンスがないなら、良しとして、その薬剤を使ってよいとするへ理屈。
12-04 20:01

有効とするエビデンスがないということは、不必要な薬剤を投与するという過剰治療につながります。少ないと言っても、薬剤の副作用は必ずありますし、費用もかかります。患者さんにとっては、メリットが一つもありません。それでも否定するエビデンスがないならOKですか?
12-04 20:17

G-CSFの治療的投与を保険適応として、認めているというのは問題と思います。ちゃんとエビデンスのある予防投与を認めていないのもおかしい。ついでに言いますと、投与量2ug/kgでよい、というエビデンスはない。海外のガイドラインの推奨投与量は、5ug/kgです。
12-04 20:20

保険適応になっているから、きちんとエビデンスがあるだろう、と思うのは危険。保険適応になっている薬剤の中で、ランダム化比較試験で有効性がきちんと示されている薬剤がどれくらいあるだろうか?
12-04 20:23

過剰診療も過小診療も患者さんの不利益につながります。我々は、保険適応があろうがなかろうが、まずは、患者さんの利益を最大限に考え、治療を考えるべきです。
12-04 20:27

G-CSFの治療的投与、すなわち、好中球数が減少してから、G-CSFを投与することは、プラセボとのランダム化比較試験で否定されました。 http://t.co/luAyHns0v5  世界のガイドラインでは、治療的投与を推奨していません。日本の保険適応では過剰投与となります。
12-04 21:07

日本でもやっと、癌治療学会でG-CSFガイドラインが出ましたが、これでも治療的投与は推奨していません。世界のガイドラインがそうなっているからと記載があるが、NEJMの論文が引用されていません。ちょっと手抜き。きちんと引用してほしい。 http://t.co/LNr3Zh8Xi3
12-04 21:12


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/632-dc686ea0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top