2013
11.22

がんに効く?食事療法を考える

先日、ある患者さんとお話していて、抗がん剤の治療がうまくいって、がんをうまく抑え込むことができたので、「しばらく抗がん剤をお休みしましょう」、と提案しました。そうしましたら、
「何かできることはないでしょうか?私は、がんが再発してから、玄米、菜食にしていて、牛肉も一切食べていないのです」と言われるので
「大切なことは、○○さんが、生活の質を大切にすることなんです。玄米・菜食が楽しくできるのなら、かまいませんが、つらいものを無理にやる必要はありませんよ」とお話しますと、「そうなんですね。私は牛肉が大好きだったのですが、がんが再発したので、何とかしようと思い、ずっと牛肉を食べずにいました」と、涙を流してお話されました。

上記のようなことは、多くの患者さんにも当てはまるのではないでしょうか。がんという病気になりますと、大抵の方は、これまでの生き方、生活習慣を反省することが多いのではないかと思います。これまでの生活習慣を反省し、野菜中心にしたり、玄米食にしたり、ストレスがかからないように注意したりと、色々なことをしたりするかもしれません。実際に食事療法ががんにどれだけ影響をするかというと、予防的効果であれば少しは効果があるというデータはあります。食事療法の効果はどうか?ということを言う場合には、予防的効果と治療的効果に分けて考える必要があります。

予防的効果というのは、がんになっていない一般の人や、一旦がんになり、手術などで、一旦がんが消失した患者さん、つまり、体の中に、見かけ上がんが消えている状態にある方が対象となります。このような方たちを対象として、菜食中心の食事やある程度の運動をすることにより、がんが新たに発生することに対する予防的効果というのは少しは認められます。そのような科学的効果を実証した研究結果の報告があるというとなのです。


では、治療的効果に関してはどうか、と言いますと、現在、がんを持っていて、抗がん剤などの治療をやっている場合、それに併用して、食事療法などを行うことが、抗がん効果があるのか?ということになります。残念ながら、このような患者さんに対する食事療法などの効果で科学的・医学的に実証されたものは一つもありません。がん細胞というのはとても強力な細胞で、遺伝子異常が何百もある細胞ですから、ちょっとやそっとではビクともしません。強烈な副作用のある抗がん剤をもってしても、やっと少し縮小するといった効果しかないのです。このようながん細胞に対して、食事や運動療法などで、一度出来てしまったがん細胞はビクともしないのです。

がん治療で最近注目されているのは、「緩和ケア」です。これまで、緩和ケアは、「痛みを取るだけで、治療ではない」と考えられていました。しかし、最近の研究結果で、緩和ケアを早期に導入・抗がん剤と併用することで、肺がん患者さんの生存期間の延長を認めたという驚くべき結果が報告されました(ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌NEJM 2010;363:8 )。緩和ケアには、直接的な治療効果はありませんが、緩和ケアチームが抗がん剤治療中に関わることにより、うつ症状を軽減させ、末期状態での抗がん剤の使用を軽減させるなど、生活の質を上げることによってもたらされた効果であると考えられています。

食事療法により、生活の質が上がればよいのですが、玄米・菜食など、つらい思いまでしてやるような食事療法でしたら、生活の質を上げるどころか、生活の質を下げてしまいます。それよりも、おいしいと思う食事を楽しんでいただく方が明らかに生活の質を上げることができると思います。

ちまたには、「食事でがんを治す」「がんに効く食事」などの科学的でない本がよく出回っていますが、患者さんにとっては、耳障りがよく、患者さんができる方法として、すぐに飛びついてしまわれるかもしれませんが、無理な食事療法は、科学的でないことに加えて、生活の質を低下させ、がんに効くどころか、命まで短くさせかねないことになりますので、注意していただきたいと思います。

トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/628-716a9eae
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.11.23 15:37 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.11.29 12:38 | 編集
最近よく見掛ける小林製薬の椎茸菌糸体、シイタゲンαはどうでしょうか。抗がん剤治療のみの臨床試験とその後シイタゲンαを抗がん剤と同時摂取してのQOL改善と免疫量の上昇、免疫抑制細胞の低下の報告が色々ある様ですが。
隼ウェーブdot 2015.08.13 23:35 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.08.13 23:43 | 編集
お問い合わせありがとうございます。かなり怪しいです。誇大広告にも相当します。この件は、ツイッターでもコメントさせていただきました。
勝俣範之dot 2015.09.06 09:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top