2013
10.20

10/19のツイートまとめ

Katsumata_Nori

ただいまリハーサル中です。これから講演会始まります。 http://t.co/7PsfqE7dFk
10-19 12:27

「もっと知ってほしい卵巣がんのこと」講演会終了しました。シンガーソングライターのより子さんの歌がよかったです。卵巣がん体験者ですが、感謝を歌にできるってすばらしい!!
10-19 17:55

これから、日本医大4病院合同婦人科腫瘍カンファレンスが始まります。最初は、日本医大武蔵小杉病院からの発表です。タモキシフェンが奏効した卵巣がん、類内膜腺癌の一例です。ホルモン療法が奏効することもあるのです。
10-19 18:38

NCCNガイドライン(米国のがん治療ガイドライン)には、再発卵巣がんの治療選択肢の中に、タモキシフェンの記載があります。
10-19 18:45

次の演題は、カルボプラチンアレルギーに対する脱感作療法についての発表です。脱感作とは、簡単に言いますと、薄い(1/1000)濃度から、だんだん濃くして投与していくというものです。オキサリプラチンやタキサン系薬剤のアレルギーにも対処できます。
10-19 19:33


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/612-e65c7bd3
トラックバック
コメント
いつもこのブログで勉強させていただいています。
更新をとてもとても楽しみにしています。

卵巣がんのホルモン療法についてですが、大変勉強になりました。経験がないのでご教示いただきたいのですが、保険は通るものでしょうか? もし通らないときはコメント要でしょうか、自費でしょうか。 ご多忙中すみませんが、ご教授いただけると嬉しいです。
読者dot 2013.10.20 11:38 | 編集
ご質問ありがとうございます。
卵巣がんに対して、ホルモン療法(タモキシフェン)は保険適応にはなっておりませんが、古い薬で値段も安い薬です。医療者側の対応としては、症状詳記というものを記載することによって、保険適応に対する対応が可能です。
勝俣範之dot 2013.12.15 12:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top