2013
03.23

03/22のツイートまとめ

Katsumata_Nori

症例数が極端に少ない、安全性試験?feasibility trial?パイロット試験?を各病院単位で、いくつもやっても何の結果にもならないのではと思います。病院の倫理委員会はもっとレベルを上げなければなりません。
03-22 16:52

論文のための臨床研究なら、まだ許すとして、許せないのは、製薬企業の販売促進のための研究とは名ばかりの「臨床試験」。このような臨床試験のデザインは、相当Poorなのですが、どういうわけか、病院の倫理委員会に通ってしまうのです。
03-22 16:50

臨床試験に同意しなかった患者さんに途端に冷たくするのは、倫理違反と思います。セカンドオピニオンを拒んだり、怒ったりする医師は、倫理以前の問題と思います。
03-22 16:39

優れた臨床研究者になるには、まずは、優れた臨床医になることです。患者さんをしっかり診れないのに、臨床研究をやろうとする医師がいますが、ろくな研究ができません。そういう医師は、患者を犠牲にして研究をやろうとする医師になってしまうのではないかと思います。
03-22 16:36

いくら良い研究でも、患者さんに役に立たず、論文を出すためだけの研究であったら意味のないものだと思います。
03-22 16:32

その先生は、「勝てば官軍」などとも言っていました。確かに実績もあり、有能な先生であり、講演会もあちこちでやっているような医師です。研究に勝ち負けがあるのもおかしいし、どんな研究でも、PositiveでもNegativeであろうとも、価値があるものと思っています。
03-22 16:30

「患者のための臨床研究が大切」と言っていたら、ある有名な先生から、「そんな青臭いことを言っていたら、何もできないよ、まずは結果を出すことだよ」と言われました。その先生は、Lancetや、JCOなど、著明な論文・実績のある先生です。
03-22 16:27

医療には、「ミッション」が大切と思います。「ミッション」がなければ、医療は全く意味をなくしてしまいますし、何のための医療?なのかわけがわからなくなってしまいます。臨床も、研究も、教育も全ては、「患者のために」という「ミッション」に基づくものと思います。
03-22 16:24

@satoru_noumura アメリカ議会 ガン問題調査委員会「OTA」、NCIの「がんの病因学」オリジナルデータを見たいので、英語でもよいですので、教えていただければ幸いです。
03-22 13:23


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/523-b8acdbeb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top