2013
02.08

02/07のツイートまとめ

Katsumata_Nori

余命告知をすべきかどうか?などということを議論しているのは、日本だけです。海外では、医療者側から目線での意味での「余命告知」などを奨めている国はありません。予後(これからのこと)について、患者さんと「話し合い」をすることが勧められているのです。
02-07 21:48

この特集で「余命を告知されても、前向きに生きることだ」と結論されているが、「余命を告知されて、前向きに生きなさい」などと言われることほど、患者さんにとってつらいものはない、ということを書いてほしかったです。エビデンスもあります。 http://t.co/Fs5RbN8F
02-07 17:02

今週号のサンデー毎日「がんと生きる 余命」にコメントしました。生存期間中央値を「余命」と言ってはいけない、ということを言いたかったのですが、うまく伝わったでしょうか? http://t.co/QPjOLqWx
02-07 16:49

腫瘍内科医も、エビデンスばかりを振りかざす冷たい医者と誤解されることが多いです。気をつけましょう。言葉のメスは、本物のメスよりももっと痛いのです。腫瘍内科医が使うのは、患者さんにつらい抗がん剤だけでなく、患者さんの心を癒す言葉の薬をも身につけたいものです。
02-07 00:23


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/507-87081b48
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top