2012
10.02

10/01のツイートまとめ

Katsumata_Nori

吉野先生、大腸がんに対するTAS102発表。Phase III studyをするまでもないくらいの驚くべきくらいの差がついていますね。Lancet Oncologyにアクセプトされました。今後、我が国でも標準治療になっていくでしょうね。
10-01 21:57

ESMO、JSMOのジョイントシンポジウムに出ています。消化器がんがテーマです。古瀬先生、吉野先生ががんばっております。驚くことは聴衆者が200名はいるでしょうか。日本のStatusも注目されているということでしょうか。
10-01 21:47

臨床試験として行われていないと、効果もはっきりしていないのに、効果がありそうなことを言われ、高額な治療費を請求されて、効果がなかったとしても、誰も補償もしてくれません。患者さんは損することが多いです。
10-01 21:38

臨床試験として行われていないがんワクチン治療があるとしたら、患者さんには、おすすめいたしません。なぜなら患者さんが守られていないからです。効果がはっきりしていないことを通常の診療ですることは危険です。第三者の目が入っていないし、倫理委員会も通していない人体実験になってしまいます。
10-01 21:35

日本のがんワクチンのphase I studyは優秀ポスターに選ばれていました。がんワクチンをはじめとして、多くの免疫療法はまだ研究段階です。もっとしっかりと臨床試験をすすめていくべきと思います。逆に言うと、臨床試験としてやっていないがんワクチンはやるべきではありません。
10-01 21:32

ESMOでも分子標的治療がはなざかり。日本はこの分野では立ち遅れているので、日本からの先進的な発表は残念ながらほとんどありません。日本のがんワクチンのPhase I study (第一相試験)がポスターでぽつんと発表がありました。がんワクチンは世界ではトピックでないらしいです。
10-01 18:20

ESMOもASCO(米国臨床腫瘍学会)に比べると二番煎じの発表も多いのですが、全体的にレベルは高いです。やはりここに来て思うことは、日本が一枚岩になってがん研究に取り組んでいないことは残念です。癌治療学会と臨床腫瘍学会の合同開催ができることを期待したいと思います。
10-01 18:16

ウィーンは、まだ朝の6時です。まだ真っ暗。もうちょっと明るくなったら、ウィーンの街を走りに行く予定であります。
10-01 12:59


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/462-de313c5b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top