2012
09.14

09/13のツイートまとめ

Katsumata_Nori

国立がんセンターにいた頃、婦人科医と間違えられて、婦人科がんの検診をお願いします、と院内紹介がよくありました。また、今でも婦人科医と間違えられることがよくあります。「勝俣先生は、婦人科医じゃないんですか?」とよく言われます。
09-13 12:36

私は婦人科がんも専門にしていますが、日本では婦人科がんを診れる、または、専門にしている腫瘍内科医がほとんどいないという現状があります。海外の先進国はどうかというと、米国と独国は特別に婦人科腫瘍医という専門科がありますが、欧州の腫瘍内科医は、婦人科がんの化学療法も全部やっています。
09-13 12:34

米国、欧州では、オンコロジスト(がん専門医)というと、腫瘍内科医のことと認識されていますが、日本では、がん専門医というと、外科医と認識されています。腫瘍内科医ががん専門医と認識されるよう、社会、医療界にもっと働きかけが必要と思います。
09-13 11:32

腫瘍内科はまだ理解されていないことが多い。患者さんからは、「私は外科でなくてよいのでしょうか」とよく聞かれます。医療関係者の間でも、外科なのですか?内科なのですか?何をするんですか?と誤解されることが多い。
09-13 11:28


トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/452-6b070c78
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top