2017
09.24

09/23のツイートまとめ

Katsumata_Nori

NHKBSのがんを生きる新常識を観ています。自由診療の問題を取り上げてくれたのは良かったと思いますが、もうちょっと突っ込んでほしかった。自由診療クリニックやっている医師を出したら、宣伝になってしまいますよ。垣添先生、門田先生が、しっかりと否定してくれたのは良かった。
09-23 22:13

塩崎先生が、受けた胃がんに対する放射線化学療法後の手術。これは、あくまでも研究的治療です。標準治療とも違うし、自由診療でもない、そのあたりをしっかりと解説してほしかった。視聴者は、自由診療と、この治療との違いがわからないため、「自由診療もいいんじゃない?」と誤解されてしまう。
09-23 22:16

キャンサーペアレンツの西口さんを取り上げてくれたのは、大変良かったと思います。ステージ4でも、仕事ができる、抗がん剤をしながらでも仕事ができることを身をもって証明してくれたと思います。
09-23 22:17

がんとお金の問題を取り上げるなら、がん患者さんが障害年金をもらえることを紹介してほしかった。このことはほとんど知られていないのです。残念な点です。
09-23 22:18

この番組、坂上忍さんが、司会でちょっと心配でもありましたが、意外にうまくやっていますね。重いテーマでありながら、うまく笑いを取っている。品の悪い笑いでなくてね。坂上さん、ちょっと見直しました。
09-23 22:23

進行がんと診断されたなら、障害年金を受けることができる可能性がありますよ。https://t.co/MY9gfm6nI1
09-23 22:26

がんの自由診療が、研究として行われず、あたかも診療のように費用を取って行われるのは問題です。医学研究倫理違反であり、ヘルシンキ宣言にも違反します。このことをNHKがしっかりと報道してほしかった。
09-23 22:33

がん患者さんも障害年金をもらえることを知っていますか?https://t.co/0AZPfRsEAG
09-23 22:42

垣添先生の例から、緩和ケアを取り上げてくれたのは良かったです。ただちょっと短すぎ。緩和ケアの重要性はもうちょっと時間を取ってほしかった。緩和ケアは、最後の短い時間を有意義に過ごすって言ってましたが、治療が終わってからだとそうなりますが、治療と一緒に緩和ケアをしていくものなのです。
09-23 22:57

門田先生の言葉、これは良い言葉。ただ、これはとっても難しいこと。『悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違ひで、悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であつた』正岡子規 (俳人・歌人)
09-23 23:01


昨日のミヤネ屋、ここで見られます。細かいところに難はありますが、民放でがんの自由診療についてここまでやってくれたことは非常に高く評価します。民放さん、ミヤネ屋に続いて頑張って取り上げてください。https://t.co/rfsve50goV
09-23 23:18

インチキ医療を見分けるコツ。1.がんが消えた・治ったの謳い文句、2.保険が効かない自由診療、3.複数の体験談が載せられている。これらが載せられているネット情報はインチキ医療です。国立がん研究センターがん情報センター長の若尾先生が言ってくれました。気をつけましょう、告発しましょう。
09-23 23:20

障害年金の診断書は、医師なら誰でも書けます。ただ、非常に書きにくい。私も見本を見ないと書けません。がん以外の疾病にも対応しているからである。がん患者が最も多いのだから、がん患者用の診断書もつくってほしい。あと、介護保険の診断書も非常に書きにくいの。こちらも直してほしい。
09-23 23:24

障害者手帳と障害年金は別なのです。障害者手帳認定の診断書は、認定医でないと書けないが、障害年金の診断書は、認定医でなくても書けます。このことを、がん治療医は知っておくべき。
09-23 23:31

トラックバックURL
http://nkatsuma.blog.fc2.com/tb.php/1264-8afe5eea
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top