FC2ブログ
2020
05.31

05/30のツイートまとめ

Katsumata_Nori

ASCOバーチャルミーティング始まりました。続々と新しい臨床試験の結果が報告されています。一部ではありますが、解説をしてみたいと思います。https://t.co/VR74M0pAb4
05-30 09:35

この結果は、既に発表されていた米国GOG213とは真逆の結果。DiscussantのDr. Coleman氏のコメントで、GOG213では、完全切除率が低いこと、患者選択方法が異なることなどがある。
05-30 09:59

今回の結果から、プラチナ感受性再発の卵巣がん患者さんの二次的手術に関して、慎重な患者選択と、熟練した施設での手術が考慮されるということでしょうか。
05-30 09:59

卵巣がんプラチナ感受性再発患者さんに対する二次的手術に関するランダム化比較試験の結果。abstract 6000,6001。ドイツDESKTOPIII、中国SOC-1.DESKTOPIIIでは、OS(全生存期間)を有意に手術群で延長。SOC-1は、中間解析で、PFS(無増悪生存期間)を有意に延長。
05-30 10:01

abstract6003。プラチナ感受性再発卵巣がんに対する化学療法vs オラパリブvs オラパリブ+セジラニブの第三相ランダム化比較試験の結果。オラパリブ、オラパリブ+セジラニブは、化学療法と比較して、無増悪生存期間延長できず。オラパリブ+セジラニブは、非血液毒性が多かった。
05-30 10:17

この結果から、やはり、プラチナ感受性再発卵巣がんの標準治療は、化学療法(プラチナ含むレジメン)として継続される。
05-30 10:17

解説:プラチナ感受性再発卵巣がんに、化学療法をせずに、分子標的薬のみで、挑んだ試験であったが、残念ながら、ネガティブな結果。ちょっと無謀な感じが最初からあった感はありましたが....。セジラニブは副作用がかなり強く、企業も治験もあまり乗り気でなかったと聞いていました。
05-30 10:20

abstract6002。SOLO2のOS(全生存期間)の最終解析結果。BRCA陽性プラチナ感受性再発卵巣がんに対して、オラパリブとプラセボの第三相ランダム化比較試験の結果。OSの生存期間中央値オラパリブ51.7ヵ月、プラセボ38.8ヵ月(HR0.74, 95%Ci, 0.54-1.00)と、オラパリブ群が良好であった。
05-30 10:30

解説:今回の結果は、セカンダリーエンドポイント(副次的評価指標)であるため、参考値ということにはなりますが、BRCA陽性プラチナ感受性再発卵巣がんの化学療法後の維持療法として、オラパリブは、生存期間延長のベネフィットはありそう。
05-30 10:30

日本では、オラパリブの適応は、BRCA陰性患者にも適応になっているが、BRCA陰性患者さんへのオラパリブの有用性に関してはまだはっきりしていません。
05-30 10:30

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top