FC2ブログ
2020
03.04

03/03のツイートまとめ

Katsumata_Nori

いま家族が発熱したら?新型コロナウイルス感染防止のため、家庭内でできること https://t.co/nkqGSEPfAj
03-03 10:11

新型コロナで拡散、マスクの「再利用」正しい方法は?リスクは?感染症対策の専門家に聞きました https://t.co/ziuxnAKM2G
03-03 14:30

Lancet Respir Med 2020 February 13, 2020より。武漢の大学病院での発熱外来でのトリアージの方法について。発熱、呼吸器症状のある患者は、すぐにPCRではなく、症状、酸素飽和度でトリアージした後、採血を行い、胸部CTスキャンを行う。胸部CTでウイルス性肺炎像があれば、個室隔離、PCR検査を行う
03-03 16:40

その後、PCR陽性なら、専門病院へ転院させる。胸部CTでウイルス性肺炎像がなければ、市中肺炎があれば、市中肺炎の治療、それ以外は、帰宅、経過観察とするというもの。非常に具体的で参考になる。
03-03 16:40

まずは、問診、そして、感度の高いCTをやり、肺炎があれば、確定診断として、PCRをするというのは、無駄な検査を行わず、重症例をいち早く、診断・治療するのには、良いフローチャートと思われる。この図の中の、抗ウイルス剤は、中国でしか使えないものもあり、これは日本では当てはまらない。
03-03 16:40

元論文は、こちら。https://t.co/PI8QrHkmeU
03-03 16:40

この文献では、このトリアージをすべての国でやるべきと言っているわけではない。特にホームケアさせるかどうかに関しては、それぞれの地域の状況で考察すべきとしている。また特筆すべきは、「RT-PCR検査を早期の方針決定に使わない」と述べていること。
03-03 20:19

PCR検査は、時間もかかるので、アウトブレイクの際に、トリアージをするのに有益でないと述べている。確かに、感度が低いPCRは外来に患者が多勢押し寄せた場合には、トリアージとして有益でないばかりか、結果が出るまで患者を待機させなければならず、感染を増やしてしまうというリスクがありますね。
03-03 20:19

https://t.co/PI8QrHkmeU
03-03 20:19

CT検査室が汚染される可能性は大きいですね。CTが複数あればなんとかなるけど、結局、入院必要な患者にはCTやらなくてはならず、難しいです。解決するためには中国のように、コロナ対応専門病院が必要になりますね。 https://t.co/fd9sCAyyBg
03-03 20:44


Comment:0  Trackback:0
back-to-top