FC2ブログ
2018
07.15

07/14のツイートまとめ

Katsumata_Nori

がん拠点病院も似たようなところがあります。拠点病院といっても、化学療法の専門医がいないとか、標準治療やっていないとか、怪しい免疫療法やっているとか、拠点病院でなくて、「きょとん」病院だと言った人がいます。https://t.co/6HwUX0NIuT
07-14 09:24

医学のあゆみに掲載されました。 https://t.co/rMY6A3F6DG
07-14 11:51

化学療法の実状。日本だと外科の先生方がほとんど処方しているのですが、部長先生や教授になると、化学療法やらず、若い先生におまかせ状態で指導もいきわたっていない。若手医師たちは、まずは外科手技を覚えるのが先なので、どうしても化学療法は片手間になる。
07-14 12:06

化学療法の現状。制吐剤もずいぶん選択肢も増えて、複雑になってきました。オランザピン承認されたことも知らない医師も多い。
07-14 12:07

化学療法の現状。腫瘍内科を標ぼうしているが、実際のところ、乳がんや婦人科がん、泌尿器がんなどまで担当している腫瘍内科医はほとんどいない。まだまだ、腫瘍内科教育も未発達。
07-14 12:09

化学療法の現状。腫瘍内科医を標ぼうするのであれば、乳がんはしっかり診てほしい。乳がんは、術前、術後化学療法、局所再発後の化学療法、dose-dense 化学療法、分子標的薬、ホルモン療法薬、と薬物療法のあらゆるパターンを修得している必要がありますので、乳がん診られると他がんにも応用が利く。
07-14 12:14

化学療法の制吐剤としてのオランザピンの臨床試験は、医師主導でやりました。ジェネリックも出ている古い薬なので、製薬企業MRもほとんど宣伝に来ないので、知らない医師も多いのでしょう。MRを主な情報源にしているからこのようなことが起こる。https://t.co/GnfI53a9qH
07-14 12:27

基本的にMRを主な情報源にするなど、あり得ないこと、と思っていますが、内科医でもそのような医師がいることに驚きます。少なくとも、腫瘍内科医、抗がん剤を処方する医師は、それであってはいけない。
07-14 12:32

オランザピン、新薬でもなんでもないので、製薬企業主催の講演会などもまったくありませんからね。知らないのも無理ありません。New england journal of medicineよりも、MR情報に頼っている日本の悲しい現状。
07-14 12:37

最近の医師の傾向で驚くことは、ガイドラインとかはよく読んでいるのに、New england journal of medicineなど読まない医師が多い。てか、論文の批判的吟味の方法もよく知らない医師も多い。ITTや、エンドポイント、バイアスなど、基本的な臨床論文の読み方も習得していない医師が多いように思います。
07-14 12:40

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top