FC2ブログ
2018
07.13

07/12のツイートまとめ

Katsumata_Nori

当たり前のことなんですが、この奇跡を感謝することを、わたしたちは忘れがちなんですね。https://t.co/pudyercbTv
07-12 09:56

事なかれ主義はどうかな~?と思います。確かに無意味な争いを避け、建設的な議論にすることは大事だけれど、目の前に困っている人がいて、それを無視し、議論することも避けることはどうなのでしょうか?建設的な議論をするには、しっかりと主張しないと議論にもならないと思います。
07-12 16:44

今の日本は議論することを避け、自己責任論にしがちな傾向にあります。患者さんを騙すインチキ医療があるのに、インチキ医療している当事者に対しては、物も言わず、患者さんに、いくら「正しい情報を見極める力を身につけ、自分自身で考えていく方が..」と言っても何も解決しないように思います。
07-12 16:49

患者さんに「賢い患者になりましょう」と言っても賢くなれるのは一部のかたです。やはり、患者さんは、安易な情報に飛びついてしまいがちです。高学歴の方でもインチキな医療情報に簡単に騙されてしまいます。それでも、騙されるのが悪い、と患者さんの自己責任論にもっていくのがよいでしょうか?
07-12 16:53

騙す医療者側、メディア側に自浄作用があれば、事なかれ主義で何も言わずよくなるのでしょうが。自浄作用どころか、騙すほうは、どんどん暴走してきていますので、何とかしなければと思います。小さくても、少しでも声を上げていくことが大切であると思っています。
07-12 17:44

研究はあくまでも研究。臨床試験や臨床研究はどんどんやるべき。ただし、すべて成功するとは限らないということです。臨床試験が成功するかどうかは誰にもわからないものです。https://t.co/A8sz0j9dVw
07-12 17:48

がんの臨床試験成功率は、5%ととても低い。非臨床試験(細胞・動物実験)でとても期待される治療であっても、人間での治療効果となると全く別物。なかなか臨床試験はうまくいくものではない。 https://t.co/SjYj0htbOJ
07-12 17:59

固形がんで世界で初めて開発・承認されたハーセプチンの開発の話は映画になっています。ハーセプチンは最初の頃はほとんど相手にされませんでした。第一相試験でも良い結果は出ませんでしたが、スレイモン医師は、粘り強く臨床試験を最後までやり遂げ、ついに成功させた話。https://t.co/xowKaTU56q
07-12 18:02

ハーセプチン日本での第一相試験の結果。18名に投与し、2例に部分奏効。奏効率11%で日本での開発はこれで中止になった。当時はHER2陰性も入っていたためと思われる。私もこの臨床試験やりましたが、効果の実感得られず。でも第三相試験までやったスレイモン医師が偉かった。https://t.co/aABlsNbIiY
07-12 18:11

臨床試験は、第一相から、第三相試験まであります。第三相試験までやらないと、良いかどうかわからないということです。ただ、いくら第二相までで良い結果が出ても、第三相試験でコケる場合も多数あり。第二相試験にも進んでないのに、その治療がい良いかも、悪いかもというのは全くナンセンスです。
07-12 18:14

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top