FC2ブログ
2018
07.31

07/30のツイートまとめ

Katsumata_Nori

胚細胞性腫瘍は、若年者に多いが、化学療法のみで治癒可能な希少がんです。ただ、診断、治療がきちんと行われていないことが多い。特に、性腺外原発の胚細胞腫瘍は診断、治療がひどい状況。以前に出した論文ですが、半分以上標準治療が行われず、予後も悪かった。https://t.co/8SON75aYSV
07-30 13:09

胚細胞性腫瘍、がん専門病院でもきちんと治療が行われていない現状がある。特に女性の胚細胞性腫瘍の場合、初回標準治療のBEP療法でさえ、標準的投与量でなかったり、すぐに減量、延期などを繰り返されたりすることが多い。好中球の値に関係なく、減量、延期せず、dose intensityを保つことが大切。
07-30 13:12

都内の超有名がんセンターでも、つい最近まで、胚細胞性腫瘍で初回から減量のBEP療法をやっていた(シスプラチン16mg/m2 5日間)。しかも、ブレオマイシン筋注していた。次治療投与基準、好中球数1500ないと延期、さらに減量されていた。
07-30 13:16

日大 衝撃の口封じ「黙っていれば一生面倒を見る、そうでなければ総力を挙げて潰す」(デイリースポーツ) - Y!ニュース https://t.co/4yJFZvkBFB
07-30 21:14


Comment:0  Trackback:0
back-to-top