2018
06.30

Katsumata_Nori

米国国立がん研究所の「がんの神話と誤解」のページがかなりよい。がんイコール死ではない、糖分摂取はがんを悪化させるは嘘、前向きになるべき、後ろ向きはダメというわけでない、手術はがんを悪化させるは嘘、などかなり良いことが書いてある。日本でもしっかり伝えるべきhttps://t.co/hsApqlYQGx
06-29 12:09

米国国立がん研究所、ストレスとがんのページも有用。「ストレスががんの原因」というのは弱いエビデンス。直接的な影響というよりも、ストレスで、過食になったり、タバコを吸い過ぎたりすることのほうががんの原因として問題となる。https://t.co/qnJ8eB6wcX
06-29 12:12

「食事でがんが消えた」「糖分制限食でがんを治す」などいう本は、ほとんどインチキ本なので、買ってはいけません。
06-29 12:23

こういったインチキ本を医者が監修してたりするので、トンデモないですね。金儲け主義のトンデモ医師です。
06-29 12:24

標準治療の重要性。https://t.co/l4qoAIHFRs
06-29 12:33

標準治療は重要ではありますが、患者さんにどうお話しするか?ということがもっと大切です。ある有名がん病院での話。「あなたには抗がん剤を勧めます。効果と副作用はこれこれです。やりますか?やりませんか?あなたが決めてください」と言われ、やらなくてもいいんだと思い、やらなかったと。
06-29 12:40

これは、松竹梅型、もしくは、患者自己責任押しつけ型、医療者責任逃れ型インフォームドコンセントと私は呼んでいますが、このようなインフォームドコンセントがかなり多い。患者さんは、「自分で決めろと言われても選べない」と言います。医師にそう告げると、「あなたが決めるのです」と。
06-29 12:42

「先生の家族だったらどうしますか?」と聞いたら、「その問いには、答えないことにしている。あくまであなたの問題だから」と。こんな患者さんもいました。何が欠落していると思いますか?
06-29 12:43

「自分ががんだったら、自分の家族ががんになったら、同じように勧める治療しか、患者さんには勧めません」と言ってほしいですよね。
06-29 12:50

医師が、自分の家族にも勧められない治療を、患者さんに勧める、などということは止めるべき。
06-29 12:52

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top