2017
10.31

10/30のツイートまとめ

Katsumata_Nori

11月21日火曜日18時~日本医大武蔵小杉病院キャンサーボード勉強会の案内です。今回は、国立研究開発法人 国立がん研究センターの藤森麻衣子先生に「がん医療における患者・家族-医療者間のコミュニケーション:標準治療後の療養について話し合う」についてご講演いただきます。 https://t.co/nszAFBJEEq
10-30 08:55

ランダム化比較試験だからといって、すべて鵜呑みにしてはいけません。研究結果を正しく解釈するために必読と思います。「ちょっと盛られた」臨床試験 https://t.co/JUlOrOIUZh
10-30 18:11

がん性腹水に対する誤解。「腹水抜くと元気がなくなる、死期が早まるので抜かないほうがよい」そのようなエビエンスはない。腹水抜くとタンパクが減るという人がいるが、腹水は既に血管外にあるものなのであまり関係ない。腹水たまって苦しんでいる患者さんには、腹水を抜くのが最も早く苦痛緩和できる
10-30 18:20

腹水ドレナージ1度に5リットルくらいでも、クランプ無しで自然滴下で安全に施行可能。ゆっくりと抜かなくても血圧は下がらない。当院でも、腹水ドレナージは外来で施行。5-6リットル普通に抜いて、患者さんは元気になります。 https://t.co/aSK8FH06Ug
10-30 18:21

腹水抜くのにいまだに、「入院しなければダメ」「腹水は2リットルまで」などという病院がある。そろそろこういうのはなしにしてほしい。皆、経験ないから、「できない」とかすぐ言いますが、外来腹水ドレナージ5リットルやってみてください。
10-30 18:24

単に腹水3-5リットル抜くだけでも相当に元気になります。先週も、3リットル腹水抜いて帰った患者さんがいましたが、「すっきりして、食欲出てきました」と言っていました。ちょこまか腹水抜くより、一気に抜いたほうが楽になります。胸水と違って安全。
10-30 18:26

CART(腹水濾過濃縮再静注法)のエビデンスは?後ろ向き研究がほとんど。きちんとしたPhase II studyもない。QOLをきちんと評価した研究結果もない。臨床第二相試験、第三相試験が必要。以前にも言ったが、も一度ツイート。 https://t.co/tIOvP7ZkfY
10-30 18:32

CART(腹水濾過濃縮再静注法)の効果は?というと、再静注の効果ではなく、大量に腹水を抜いただけ元気になるという効果を見ているに過ぎないという見方もある。ですので、やはり、比較試験は必要と思います。
10-30 18:34

CARTは世界的にみても、日本だけしかやっていない。逆に言うと、日本発信の世界的エビデンスになる可能性もある。やはりしっかりと研究結果を世界に報告すべしと思います。
10-30 18:36

海外では、腹水、胸水に対して、PleurX という在宅でできる持続ドレナージカテーテルがあります。皮下トンネルカフがついていて感染防止になっています。日本で10年以上遅れてようやく導入される予定。https://t.co/qFCBFEAH40
10-30 18:58

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top