2013
10.31

10/30のツイートまとめ

Katsumata_Nori

「がんは、自分で治す」というのを勧める人がいます。それでいて○○食事療法やサプリを勧めるのです。進行がんというのは、強敵です。食事やサプリくらいで何とかなるものではありません。甘く見ていると大変なことになります。信頼できる医療者と一緒に戦っていくことをお勧めします。
10-30 15:07

だって、あんなに野蛮な抗がん剤を使って、やっと少し縮小するかどうか、という強力な癌細胞に対して、食事療法やサプリで癌細胞が簡単に死滅するのでしょうか?と単純に考えてもわかりそうなものですが。ついつい、免疫力を高め、癌を死滅させるなどという甘い言葉に誘惑されてしまうのでしょうね。
10-30 15:10

中には、「私はこれを飲んで絶対癌を治して見せる!よくなったら学会に発表してね」と言った患者さんがいました。その患者さんも残念ながら亡くなってしまいました。亡くなってしまわれた患者さんの声はなかなか聞けないものです。私もこんな楽ちんの治療法で抗がん剤をやらなくて済むならそうしたい
10-30 18:27

末期癌が治ったということなら、1例報告でも価値があるものと思います。いつでも学会で発表したい、論文にしたい、とその日を待ち望んでいるのですが、20年癌治療に関わってきて、数千人の進行がん患者さんを診てきていますが、残念ながらまだその日が来ていません。
10-30 18:29

ありとあらゆる民間療法から、温熱療法、○○ワクチン、を試されたがん患者さん、「やはりどれも効果ありませんでした」と。これまで、民間療法をされていた患者さんは、数百人単位を診ていますが、残念ながら、こうした非標準的治療で効果が明らかにあった、という患者さんに遭遇したことがありません
10-30 18:35

ただし、民間療法も何もやっていないのに、進行がんの自然退縮した患者さんは、これまで2例経験があります。乳がんと子宮体がんの患者さんです。このように、不思議と自然退縮する、という症例報告が多数あります。http://t.co/beBa5tNUnI 世界でも年間約20例の報告がある。
10-30 18:44

民間療法に走る患者さんに対して、私は極力、外来に来るようにお話します。がん難民にならないようにします。ただそのようにしていても、外来に来なくなり、音信不通になる患者さんが多いです。効果があってくれたらと思うのですが...。
10-30 22:14

そのような患者さんにやっと連絡がついたと思ったら、最後は救急車で救急病院に運ばれてお亡くなりになったと。悲しい現実。このようにがん難民になられる患者さんは、緩和ケアやホスピスにつながることはほとんどありません。最後まで、何か良い治療がないかとあちこちの病院をさまよい歩くからです。
10-30 22:16

民間療法や免疫療法をやっているクリニックなどは、緩和ケアやホスピスなどと連携をしていません。最初は暖かく迎えますが、効果がなくなり、状態が悪化したら見捨てます。それなので、がん難民にならないように、元の医療機関がしっかりとフォローすることが大切と思っています。
10-30 22:19

早期からの緩和ケアが大事と言われて、緩和ケアやホスピスに紹介しても、「早すぎる。症状が出てきてからいらっしゃい。」と言われることがあります。症状だけに対応するのが、早期緩和ケアではないのですが、まだ現実は厳しいです。
10-30 22:22


Comment:0  Trackback:0
back-to-top