2017
03.24

03/23のツイートまとめ

Katsumata_Nori

自己肯定感というのは、病気を肯定することでなく、「今の自分でいいんだ」と認めることでしょうか。患者さんは、自分が何か悪いことをしたから、病気になってしまったんだと思いがちですから。https://t.co/zEEuK91jWk
03-23 10:13

患者さんは、過去の自分を否定し、現在の自分も否定し、未来を悲観しがちになります。「がんになったのは、あなたのせいでなく、誰が悪いと言えるものではありません。がんという病気が悪いのだと思います。○○さんは、大変よくがんばっていらっしゃると思います。これ以上がんばる必要はありません」
03-23 10:42

「明日のことを考えると誰でも不安になると思います。今日のこと、今を大切に、今、やらなきゃいけないことではなくて、今のご自分で、できることを考えていきましょう」などと言えるのではないでしょうか。
03-23 10:44

「Shoud~しなければならない」ことを見つけて生きるより、「Can~できる」ことを探しながら生きること。これは患者さんから教えていただいたことです。~しなければならないと生きることは、苦しいし疲れてしまいます。Canで生きるほうが、楽しいし、感謝できる。
03-23 11:44

少し考えるとできることはいっぱいある。今の自分は、目も見えれば、耳も聞こえる、息も吸える、こんなことに感謝できることを忘れちゃいけない、てか、またShouldにする。日本人は真面目だから、すぐに~しなくちゃって考えるのだと思う。もうちょっとルーズでもよいかも。
03-23 11:49

何にもできなくなったとしても、存在する意義はあります。「あなたがいてくれるだけで、それでいい」って言ってくれる家族がいるかもです。また、あなたが、今、生きていることが、誰かの励ましになり、救いになるかもしれないのです。
03-23 11:55

先日のアベマTVの記事こちらに出ています。共謀罪法でテロはなくならないと思います。もっと根本的な問題があると思います。https://t.co/zqoTmTqVZz
03-23 14:28


Comment:1  Trackback:0
2017
03.22

03/21のツイートまとめ

Katsumata_Nori

医療経済学専門家津川先生のコメント https://t.co/eD6ET43MhQ
03-21 07:16

恐怖で教育効果があがるか?というランダム化比較試験の結果です。恐怖は、教育効果はないということですね。何か、政治や患者教育やすべてのことで言えるように思います。https://t.co/1Z800pe65n
03-21 07:27

病気とどうやって付き合っていくか?ということでしょうか。病気を肯定的にとらえるのは、なかなか難しいことだと思います。https://t.co/aydnbaTNe5
03-21 17:35

うちのワンコも叱って教えようとしても全然ダメ。まったく覚えません。ほめて育てるのが基本らしい。ワンコでもそうだったんだ!!
03-21 17:37


Comment:0  Trackback:0
2017
03.21

03/20のツイートまとめ

Katsumata_Nori

本日、ABEMA PRIMEというインターネットテレビ番組に生出演します。21時からです。サリン体験者としての出演です。どうぞよろしくお願いいたします。
03-20 18:56

これからアベマプライムに出演します。
03-20 21:35


Comment:0  Trackback:0
2017
03.20

03/19のツイートまとめ

Katsumata_Nori

今日は、新潟でお話しをさせていただきます。 https://t.co/qDmqVmbFDl
03-19 14:32


Comment:0  Trackback:0
2017
03.18

03/17のツイートまとめ

Katsumata_Nori

先日のBCネットワークでの講演が動画としてアップされました。『こころが繋がる医療に向けて』 〜腫瘍内科医師から〜https://t.co/kDYFXUykGu
03-17 10:12

先日行われた乳がんの講演会のことが、埼玉新聞3月10日に載ったそうです。夕方のテレ玉ニュースにも、紹介されたそうです。テレ玉ニュースというネーミングが面白いですね。 https://t.co/x71aaP2AAh
03-17 11:17

明日です。皆さんのご来場をお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。https://t.co/f08mE4waA0
03-17 11:21

「誰のお金だと思っているんだ!いつまで治療する気だ!そのうち医療制度が崩壊するぞ!私達臨床医が、お金の心配をしないと、どんどん税金が使われるぞ!」と言う医師の講演会が開かれたそうです。患者さんも参加されていたそうですが、とても悲しかったそうです。
03-17 11:41

医療費が破たんするからといって、目の前の患者さんの治療を打ち切ることが正しいことでしょうか?もちろん、無駄な医療であれば打ち切るのがよいと思いますが、単に「高額だから」というのは論理がおかしい。まずは無駄な医療削減からはじめるべき。 https://t.co/GawWtsyeFV
03-17 11:47

インチキな自由診療を受けるのは患者の自己責任だから、医療者は関係ない、と言いながら、一方で、保険適応の高額な抗がん剤を投与するのは、医療者の責任だから、患者に止めるように勧める、というのは、何か変じゃない?
03-17 11:57

日本でも無駄な医療はたくさんある。実際のところ、抗がん剤よりも、こっちのほうがずっと医療費を費やしています。まずはこちらからではないでしょうか?米国はオバマ政権のときに、全米の学会をあげてこのキャンペーンをやりました。日本は?Ohttp://ow.ly/1LIH309Zn9t
03-17 12:02

「高額な抗がん剤だから、高齢者には治療を控えよう」と言う医師の講演会、医療者の拍手喝采だったそうです。単なる弱者切り捨ての思想ではないでしょうか?これでいいの?医療経済学とか、医療政策の専門家が少ないからでしょうか。 https://t.co/YckuF2QFDg
03-17 12:20

医療経済学、医療政策も、日本でかなり遅れている分野ですよね。日本の医療政策、残念ながら、エビデンスを元に、医療政策を考えるということはほとんどやっていないように思います。専門家は少数ながらいるけど、医療政策に関与していない。津川先生に日本に来てほしい。
03-17 12:23

津川先生の記事です。オバマケアはやはりよくやったのではないでしょうか。日本も学ぶべきところありと思います。しっかりエビデンスも考慮、議論もしないで、単に弱者排斥すべしなどという幼稚な思想に陥らないようにしたい。https://t.co/gzZ0OLkRdc
03-17 12:42


Comment:0  Trackback:0
back-to-top