2017
08.23

08/22のツイートまとめ

Katsumata_Nori

7年間先進医療をやり、500例の症例をもってしても有効性を証明する成果が出ず、保険医療にできず、先進医療の継続もできなかった治療を自由診療としてやってよいのでしょうか? https://t.co/gtF8xVQaFb
08-22 21:09

臨床研究というのは、厳密に評価されなければなりません。いつまでも、成果のない研究を続けるのは患者さんにとって害にしかなりません。通常臨床研究では、500例をもって成果がないということですと、残念ながら、これ以上研究を続けることは医学的にも倫理的にも許されません。
08-22 21:22

これだと、先進医療を継続するのは、さすがに難しいでしょう。厚生労働省もさすがに先進医療取り消したのでしょう。先進医療Bというのは、さらに厳しく審査される先進医療で、臨床試験としてプロトコール、倫理委員会が必須です。先進医療とれないからといって、自由診療してもよいのでしょうか。
08-22 21:26

医師が行う自由診療には何らの規制がありません。例えば、私がコップ一杯の水が、「がんに効く」と言って、100万円患者さんから受け取っても罪に問われることがありません。これでよいのでしょうか?
08-22 21:29

少なくとも、がん治療の未承認治療はきちんと規制すべきです。海外先進諸国ではすべての未承認治療は、政府に届け出の義務があります。 https://t.co/sClYGoX2dE
08-22 21:33


Comment:0  Trackback:0
2017
08.21

08/20のツイートまとめ

Katsumata_Nori

ジャパンキャンサーフォーラムに来ました。午後からは、講演もします。みなさん、来てくださいね。 https://t.co/OUmoPpRgFM
08-20 10:10


Comment:0  Trackback:0
2017
08.20

08/19のツイートまとめ

Katsumata_Nori

マウス実験レベルのデータをこのように報道してはいけません。これだから、日本の医療ジャーナリズムはレベルが低いと言われてしまうhttps://t.co/nXu7kFTiKQ
08-19 07:35

上尾中央総合病院がインチキな免疫細胞療法をやっていることで、がん拠点病院新申請を却下されたことの影響をうけて、全国のがん拠点病院もあわてて、自分のところでのインチキ免疫細胞療法の見直しを始めているらしいと情報を得ました。 https://t.co/IOdwy9PG8w
08-19 11:16

免疫細胞療法、研究的治療なので、最低限、臨床試験として施設の倫理委員会(IRB)を通しておくことが必須。ただ、その施設のIRBがきちんと機能していなかったら問題。未承認の実験治療は原則無料にすべき。臨床試験としての科学的・倫理的研究妥当性をIRBがきちんと評価できるのか?
08-19 11:20

なんちゃって臨床試験をIRBが通していたらダメです。臨床第何相試験なのか?患者さんの必要症例数は統計学的に妥当なのか?どういう結果が出たら、臨床試験を中止もしくは、上の段階の臨床試験(第三相や治験)に進むのか?データのモニタリング、第三者機関の監査をしっかりやってるかなどが大事。
08-19 11:25

インチキ医療をなんちゃって臨床試験として、施設のIRBが許可してしまっている場合があるので問題は奥深い。人体実験をきちんと評価しないで、病院のお墨付きをつけているようなもの。日本の臨床研究体制の問題にもつながる。IRB教育の充実は地道だが大事な問題。
08-19 11:30

神戸の在宅医新城先生の講義より:新城先生のお勧め本「死すべき定め」https://t.co/qFRmeI2apV
08-19 15:08

標準治療の誤解。「標準治療は終わりました。あなたにはもう治療がありません。」といこと。標準治療は終わることはありません。なぜなら、緩和ケアも標準治療だからです。
08-19 15:53

標準治療の誤解。標準治療=保険適応の治療。これも間違いですよね。実際、保険適応になっていても標準治療になっていない治療もたくさんある。逆に、標準治療と言えるだけのエビデンスがあるのに、保険適応になっていない治療もある。
08-19 15:54

新城先生の講演より。抗がん剤するか、緩和ケアするか?正解のない問題であるので、どっちにするか議論するかは、不毛な議論になるのでやらないほうがよい。私自身は、二者択一ではなく、緩和ケアはベースにある治療なので、緩和ケア+抗がん剤 or 緩和ケアのみにするかと考えればよいと思う。
08-19 15:59

インチキ療法、最近では、術後に勧めるらしい。再発しなかったら、「(インチキ)療法のおかげですね」と言える。ある患者さん、再発予防に勧めらて受診したのですが「再発するまでずっと」と言われて2年間受けたそうで、再発したら「これまで続けていたから2年間元気でいたんだよ」と言われたそう
08-19 21:46

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
08.19

08/18のツイートまとめ

Katsumata_Nori

がんは「治すもの」「克服するもの」ではなく、「共存するもの」と言ってほしい。すべてのがんが治るわけでもなく、治らないからといって、負けたわけでもない。がんとうまく共存していくこと、が大切と思うのです。
08-18 12:44

標準治療の誤解。患者さんは、「スタンダード」、つまり「標準」があるんであれば、「スペシャル」もあるだろう・・・、と考えてしまうのでしょうね。やはり、標準治療はやめて、最善治療と言ったほうがよいのかな。医学業界では、標準治療が染みついたので、まだ違和感がある。
08-18 12:47

がんについて、「99.9%治る」「がん生存率0%から治る」とか簡単に言う医者は、極めて怪しげ。きちんと患者を診ていない。がんと現場で闘っている医師の言葉ではない。がんはそんな簡単な病気でないし、そういう医師は、治らないとわかったら、簡単に切り捨ててしまうのでしょう。
08-18 12:52


Comment:0  Trackback:0
2017
08.18

08/17のツイートまとめ

Katsumata_Nori

良い記事と思います。メディアもやっとまともな記事を書くようになってきた感がありますね。「標準治療」こそ、最善の治療https://t.co/anYxFjaWRf
08-17 11:44

癌研顧問の医師で、癌研の外来もやっている先生です。免疫細胞療法をやっているようです。癌研病院は、がん専門病院、拠点病院としてどうなのでしょうか?https://t.co/yMLSzzuqF0
08-17 12:58


Comment:0  Trackback:0
back-to-top